低炭素住宅
低炭素住宅
   高 度 省 エ ネ 型 
 ■ 認定低炭素住宅
平成27年度 地域型住宅グリーン化事業
優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物)
「都市の低炭素化の促進に関する法律」が平成24年9月5日に公布され、平成24年12月4日に施行されました。
私たちの生活にともなって発生するCO2(二酸化炭素)を抑制する低炭素化措置を行った住宅を指し、認定を受けるためには以下の3つの要件を満たすことが必要。(補助額は1戸当たり最大100万円かつ、補助対象となる経費の1割以内の額となります。)
低炭素住宅

省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。

地域木材

木材など低炭素化に資する材料を利用していること。

キッチン

節水に資する器機の設置(節水トイレ/節水水栓など) 

ソーラールーフ

太陽光パネルの働く屋根 『 ソーラールーフ 』

断熱財

高断熱性能の『セキスイ化学フェノバボード』

カウンター

便利なカウンターは『自然素材 桧の一枚板 』

リビング

耐久性にも優れている無垢材は調湿機能が高い

シューズクローク

シューズクロークは、たっぷり大容量の収納力

吹抜け

玄関の吹抜けは明かりが入り開放感が溢れます









諸戸アイサン住拓株式会社は、三重県桑名市をはじめ、四日市市、名古屋市など天然木の注文住宅を手がけている地域密着型の工務店です。私たちがつくる家は「三重の木」の無垢ヒノキ柱をはじめ、無垢板貼りの壁、サンゴの塗り壁、和紙の壁紙など、人に害のない自然素材を多用し、化学物質を用いていないので、シックハウス症候群を引き起こす心配はありません。アトピーやアレルギー症状がある方でも快適に過ごしていただけます。また、木材は耐震・耐火にも優れているので家づくりの素材としてとても最適です。設計では、ハウスメーカーと違って、法令・予算以外の制約がないので自由に設計していただけます。自由設計というとコストが高いと思われがちですが、工夫次第でコスト調整も可能です。弊社は直接契約、直接施工、直接管理のため、余計な中間マージンもかからず、良い商品を適正な価格でご提供させていただいております。また、弊社が管理~施工を一貫して行うことで、竣工後のアフターケアおよび万が一の不具合が発生した場合でも、お客様の家を知り尽くしているので、早急に対応することができます。リフォームのこともお気軽にご相談ください。

Copyright (C) Moroto Aisan Jutaku, Co., Ltd. All rights reserved.